毛穴はお肌が乾燥するとポツポツ目立ってくるのですが、具体的にどういう事なのかちょっと調べてみてすごく納得しました。

私達の肌表面は実は皮脂で守られています。皮脂ってギトギトしているイメージで邪魔な存在のように思ってしまいますが、実はお肌にはすごく必要なもので、お肌をしっかり潤して肌表面をバリアで覆ってくれているイメージです。そのお陰で紫外線等の外からの刺激からお肌を守ってくれています。

若い頃はお肌が脂ぎっているのがすごく嫌でしたけれどね(笑)でもそれはお肌が若く元気な証拠で、年齢とともにその油ギッシュなお肌はどんどん皮脂が減少してきて乾燥するようになってきてしまうそうです。・・・実際に私も若い頃は脂性だったのが今ではすっかり乾燥肌です。かなり自分のお肌に思い当たっている現象です。

因みに、お肌の乾燥は皮脂の減少だけではなくコラーゲンの減少も関わっています。これもなんとなく自分のお肌に思い当たります。

乾燥してしまったお肌は、自分のお肌を守ろうと皮脂をいっぱい分泌しようとします。皮脂は毛穴から出てくるので、いっぱい出すために毛穴が大きくなってしまうという事なのだそうですよ。なので毛穴が大きくなって目立ってくるんですね。なるほどですよね。

毛穴を大きくして頑張ってもどんどん乾燥してくるお肌・・・お肌に水分が不足するとしおれてきますよね。しおれると言うか、具体的に言うとお肌のハリや弾力が低下してきます。大きくなった毛穴の周りのお肌がしおれた状態だと、毛穴も皮膚にひっぱられどんどん垂れ下がって雫型になってしまいます。そうなると毛穴が更に目立つようになります。

ポツポツ目立つ毛穴はお肌の乾燥によるものとはこういう事なんですよね。なんかすごく納得できました。お肌の老化は乾燥状態がより拍車をかけてしまうそうです。乾燥って恐いですね~。女性の敵ですね。

私は顔だけではなく、体も乾燥するので体全体のお肌も放っておいたらそうなってしまうという事ですよね・・・やばい。ボディーケアもしっかりしなくては。

でも体の皮膚って顔の皮膚に比べると潤っていますよね。服を着ているからなのかな?顔の本来の皮膚は腕の内側の皮膚と同じらしいですよ。腕の内側の皮膚ってすごく綺麗ですよね。色も白いし、しっとりサラサラな触り心地です。これが顔のお肌だったらな~。服を着られないお肌ってこうも違ってきてしまうんですねー。そう考えると外からの刺激ってすごいんですね。

お肌が乾燥しているとそんな外からの刺激から守ってくれるものがなくなっている状態なので更にどんどんお肌が悪化してしまいますよね。スキンケアをしっかりしてお肌の潤いをキープしていこうとすごく思いました!